オーダースーツ専門店 “Peperoncino-SARTO"

特注の中の特注品

今回はお客様からの依頼でお作りしました特注品のベストのご紹介です。

 

 

こちらは、ご注文いただくまでの経緯と実際の縫製も含め、まさにタイトルどおりの特注品なんですが、その仕上がりもまたタイトルにふさわしい物となっております。

 

兎にも角にもそんな前置きより、まずは実際の写真をご覧いただきましょう。

 

 

 

 

めちゃくちゃ凝った生地をつかったこちらのベスト。

 

 

 

後ろはこんな感じです。

前面に引けを取らない個性のある生地です。

 

 

 

また、裏地もこんな生地を使用しました。

 

 

 

ことごとく「インパクト」という言葉がふさわしい生地のチョイスです。

表地・裏地・背表(背中の部分)すべてがお持ち込みいただいた生地です。

 

 

実はこれお客様がひょんなことから手に入れられたというお気に入りの生地で、いつかこれでベストを作りたいと常々思っておられたそうなのです。

 

いくつかのお店に相談されたそうなんですが、ことごとく断られてしまったとのこと。

たまたま縁があり個人的にお付き合いさせていただいている私のところにお話が舞い込んだという経緯です。

 

 

 

 

さて、ついついこの生地のチョイスにばかり目がいきがちですが、それだけではなく実はいろいろな点で特別な作りとなっております。

 

まずはこちら。

上と下で違う生地を継いであります。いわゆる「切り替え」と呼ばれるものです。

ちなみに下の生地は無地ではなくうっすらとしたチェック柄です。

 

 

 

実はこれ、いわゆる「苦肉の策」でして。

 

 

先に述べた通り、どうしてもこの生地でベストを作りたいとのご希望だったんですが、ベストを仕上げるには生地の長さが足りなくて・・・。

そこで切り替えをご提案したという次第です。

 

 

表地上部はプリント生地(ナイロン混)、下部はウール100%、背表はシルクのスカーフで裏地は綿生地とそれぞれ全く違った素材となっており、それらを縫い合わせるというのは非常に高い技術が必要で、そう簡単にはいきません。

 

ですが今回、とてもうまく縫製していただけました。

 

 

 

そしてもう1つの注目ポイントは「柄合わせ」です。

 

センターの模様を中心に、左右の柄がきちんと合っていますね。

これはダブルのベストでしかもピークドラペルの襟付き。

 

 

襟の部分もきちんと柄が揃えられています。

とてもきれいでしょ?(^^)

 

 

今回は特別に知り合いの職人さんにお願いして仮縫いと縫製をお願いしたんですが、とても丁寧な仕事をして下さいました。

 

 

かなり無理矢理お願いしたことと重ねて、本当に有り難いことだなと頭の下がる思いです。

 

 

 

 

そしてこちらのベストですが、実はまだ納品前でして。

 

連休明けに取りに来ていただけるとのことなので、私としても非常に楽しみにしております(^^)

 

 

 

 

その時の様子もブログでご紹介できたらなと。

 

乞うご期待でございますm(_ _)m