オーダースーツ専門店 “Peperoncino-SARTO"

温故知新

頂き物シリーズ第3弾です。

今回は書籍です。

 

 

 

まずはこちら、知る人ぞ知る「洋装」という洋服(紳士服)業界の専門雑誌です。

 

 

 

誌面はこんな感じです。

なんかちょっとした広告も、とにかくかっこいい。

 

 

 

ちなみにこちら。

洋装、1975年11月号。

何を隠そう私が生まれた月です。

 

そこには製図コンテスト「木村慶一賞」の入選のお知らせがありました。

この受賞者の中のお一人が、私が今回あれこれと頂いてきたテーラーさんの方です。

これは非常に権威のある賞なのです!!

 

 

 

こういった製図などに関する記事や業界戦隊の課題や今後の方向性に関する話題など非常に盛りだくさんで、業界全体の隆盛が感じられます。

 

中にはいわゆる「男性誌特有の話題」の誌面などもあり(笑)、非常にバリエーションに富んだ内容となっております。

 

 

 

 

 

お次はこちら。

 

これはいわゆるスタイルブックというものでしょうか。

 

このようにイラストや写真でそのシーズンの流行を把握できるようになっています。

   

BRIONIとかありますね。

 

 

このスタイルブックに関しては興味深い写真などがたくさんありますので、また別の機会でじっくりとご紹介したいと思います。

 

 

 

 

そして最後にこちら!

 

おそらくいまではもう手に入れたくともなかなか手に入らない、大変貴重な採寸や製図、補正に関しての書籍。

 

 

雑誌やスタイルブックも貴重なものですが、私にとっては修士論文の研究においてこれらが何よりも貴重な資料となります。

 

中でも今ではもうほぼ使われることのない「短寸式裁断」の本が手に入ったことは本当に僥倖とでも言うべきもので!!!

 

 

これを活用してしっかりとした論文を書き上げるべく頑張りたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

業界の話題、当時のスタイル、そして今はなき手法・技法。

 

故きを温ねて新しきを知る。

 

 

ここから得られるものは大変貴重で大きいものだと思います。

大切にしていきますm(_ _)m