オーダースーツ専門店 "SARTO"

8月はオーダースーツのフェアを

前回のブログにてご案内致しました「オーダースーツフェア」。

今回はそれについて詳しくご案内致しましょう(^^)

blog_phot_1030

今回フェアにて取り扱います生地ブランド、こちらとなっております。

【Dunhill】
誰もが知る高級メゾンにして、英国独特のしっかりとした重厚な生地を多く取り扱うダンヒル。
今回のフェアでは、クラス4(¥102,400-)としてお作りいただけます。マジ破格です!!( ̄  ̄)b

【Ermenegildo Zegna】
イタリアのスーツ地として最も有名であろうゼニア。しなやかでいて気品のある生地が特徴です。
こちらはクラス3(¥78,600-)となります。素敵な生地、ご用意してますよ!!

【Loro Piana】
知名度ではゼニアに劣るものの、スーツが好きな人にとってはお馴染みのこちら。
より軽やかに、より艶っぽいスーツがお望みであれば、外すことの出来ないブランドです。
ゼニアと同じく、クラス3(¥78,600-)でのお取り扱いです。ホンマね、一回他所の店と値段比べてみてください(笑)

その他にも
【Scabal】(スキャバル)
【Caro Barbera】(カルロ バルベラ)
【Canonico】(カノニコ)
【Tallia】(タリア)
【ミユキ】

などなど。

ゼニアやロロピアナは知ってても、これらのブランドの正当な評価を知ってる人は、意外と少ないんじゃないっすか?

いずれも国内外で高い評価のスーツ生地ブランドです、これは見逃せません!

中でも特に、タリア(フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ)は、日本での知名度に反して、高い品質を誇るイタリアでは著名な生地ブランドです。

これは見逃せません!(二回目)

blog_phot_1031

これらのブランド群は、クラス2(¥61,500-)となっておりまして、これは見逃せ・・・(自粛)

小さな生地見本では、どうもイメージが湧きにくい、という声も聞くことがありますが、実際の生地を目にして、じっくり選べる「オーダースーツフェア」、軽〜い気持ちで、試しに見に来られてはいかがですか?(^^)

もしこの中で「これは!!」と思える生地があったなら・・・、

これはホントにお買い得です。

ひょっとしたら、良いの見つかるかもしれませんよ?

買い物上手とは、まさにこのことだと思います!!!( ̄  ̄)b

あ、もちろん従来からご用意しています生地からもお作りいただけます。
クラス1(¥47,300-)のものも多数ご用意していますので、ご安心くださいな!(^^)

また、スーツについてよく知らないんですけど・・・という方も大歓迎!!

丁寧に、わかりやすく簡単にポイントをご説明しますんで、任せて下さい(^^)

最近はねー、2万円台や1万円台でも「オーダースーツ」と謳ってるモノが沢山ありますが、一口に「オーダースーツ」ってもいろいろありましてね?

その辺りについては、こちらをご覧いただければm(_ _)m

(過去記事)
一回はっきりさせましょか!(オーダースーツ)

また、当店のオーダースーツに関して、詳しくはこちらを。

当店でお作り頂いたお客様の様子などもご覧いただけます(^^)

オーダースーツについて

ウチの店のウリは、沢山の補正項目とスマートなシルエットをご提供できるところです。

「着心地」と「スマートさ」の両方を兼ね備えたスーツをお作りしたいというのが一番のコンセプトとなっております(^^)

まーとにかくせっかくの機会です、いっぺん気軽にお越しくださいな!m(_ _)m

blog_phot_1027

それと!!!!

今回のフェアでスーツをお作りいただけた方には、素敵なプレゼントが!!!

それに関しては、また改めてご案内を!!!(笑)

そちらもお楽しみに〜( ̄  ̄)b

Leave a Comment