オーダースーツ専門店 "SARTO"

違いを知っていただきたい!

今回は久々にスーツのお客様をご紹介します。

こちら、ワタクシが個人的にもいろいろとお世話になっておりますU様です。

blog_phot_0876

いきなりのこのポーズ!(笑)

こんな載せ方して、怒られないでしょうか?(汗)

真面目にいきます。

こちらです!

blog_phot_0877

アーーーップ!(笑)
blog_phot_0878

お次はこちら!

blog_phot_0880

アーーーップ!
blog_phot_0879

さらにアーーーップ!!(^^)
blog_phot_0896

こちらはちょっとお澄ましで(^^)

blog_phot_0881

blog_phot_0882

随分と芝居がかっててます(笑)

サービス精神旺盛なU様。ホント助かります(^^)

blog_phot_0883

blog_phot_0884

いやみ君とお揃いのケースケポーズ( ̄  ̄)b

一息入れていただいて・・・
blog_phot_0887

かなりお疲れのご様子・・・(^^;;
blog_phot_0885

blog_phot_0886

それでも、やはりいつも通りの素敵な笑顔です(^^)

blog_phot_0888

さて、ここまで随分とコミカルに進めてまいりましたが、皆様ぜひもう一度さかのぼって、写真をよーーーくご覧いただきたい。

それも
・首から肩にかけてのライン
・衿の先っちょ(ラペル)から胸元にかけての雰囲気
・ラペル(の下端部分)の返り具合

などに注目してもらいながら。

首ー肩のラインは身体にしっかりと沿っていて、カラー(上衿)とラペルの先はピタッと胸元から浮いていません。

ラペルは、そこから軽くロールしながらボタンへと向かっていきます。

とてもスマートでカッコいいでしょ?(^^)

これは何も特別なことではなく、本来スーツとはこうなんです。

キチンと採寸すれば肩や背中に変なシワが寄ることはなく、本来の毛芯を使ったラペルであればこのように胸元・襟元をとても綺麗に見せてくれます。

ただ世の中はそうでないスーツで溢れてしまってるんですが・・・(^^;;

この写真など、首から肩にかけて・胸元・襟元の雰囲気がよく分かっていただけるのではないかと。

blog_phot_0889

・・・あの、その、表情とポーズはさておいて(笑)

さて、今回U様にお作りいただいたこちらのスーツ。

ここまで見てこられて、どんな生地だと思われたでしょうか?

blog_phot_0894

実はうっすらと紫のチェック(ウインドペーン)が入っている生地なんです。

blog_phot_0895

遠目では無地のチャコールグレーにしか見えませんが、実はチェックが入っているというこのオシャレ感!!

またU様は司会を始め、壇上に上がられるような場面も多々あるとのことですので、衿型はドレッシーにピークドラペルとしました。

裏地はU様直々のご指定のあった紺色で。引き締まったシャープな印象ですね(^^)

blog_phot_0890

blog_phot_0891

blog_phot_0892

普段は、少しオーバーサイズのスーツを着られることが多かったというU様。

このスーツを着られた時の、周りの方の反応が気になるところです!(^^)

私としては、本当はもう少しパンツも細くしたかったんですけど、いきなり大幅に変えてしまうのはご本人も抵抗があるやもと、自重しました(笑)

もし次回お作りいただける時は、さらに細くしてやろうと思ってます。

それと、キャンペーンの特典としてポケットチーフのプレゼントもさせていただきました。

こちらもあまり目立つと敬遠されるかもと思い、非常に馴染む(馴染み過ぎ?)濃紺をチョイス。

そのうち、いろいろなチーフとかしてもらえるようになって欲しいですねぇ〜。

一歩ずつ、改造計画や!!(^^)

というわけで、今回も素敵なスーツを納品することができたように思います。

よかった、よかった( ̄  ̄)b

blog_phot_0893

当店では、このようにブログで紹介させていただけるお客様を募集しています!

店主は控えめな人間でして、あまり積極的に勧誘をよーしません!(笑)

ご希望、または「ブログで使っても良いよ!」という方は、お気軽にお声をおかけください。

店主が喜びますm(_ _)m

Leave a Comment