オーダースーツ専門店 "SARTO"

襟元です!

さてさて今回は、当店の“シャツ”に関する話題をつらつらと。

一口にシャツといっても実はさまざまな種類がありまして、その由来や作りの違いから結構な数に分類されます。正直、分類とか苦手です(笑)
ですので、そこはやはり“見た目”がいかにカッコいいかで結論づけてしまいましょう!(笑)

シャツの作りや襟型に関しては、近いうちにご説明することにいたしますので、いずれ書かれるであろう、そちらを楽しみにしていただければと思います(笑)

それではさっそく、当店のシャツをご覧頂きます。特に“襟元”にご注目ください。

(クリックで画像が拡大します)
horizontal-wide
こちらの写真は、以前にFacebookにも投稿したものですが、やはりカッコいいので(笑)、再びご紹介です。
いかがですか、この首元と襟の感じ。ぜひとも女性のご意見を伺いたいものです。

お次はこちら。
cataway
こちらは、シャツの襟元からベージュのカットソー、オリーブのコートへと流れる色目が素敵じゃあございませんか?(笑)

詳しくは別記事に譲りますが、グレーのシャツは“ホリゾンタルワイド”、ブルーは“カッタウェイ”と呼ばれる襟型です。カッタウェイのほうが、襟先が後ろに逃げていることにより、よりシャープな印象があると思います。

どちらの襟型も、いわゆるスーツに合わせる「ドレスシャツ」とは違い、襟先の開きが大きいというのが見てとれると思います。

ドレスシャツは“ネクタイ”を締めてこそサマになるので、ノーネクタイだとなかなかこうはいきません。仕事用とは違う“普段着使い”のシャツ、Peperoncinoに試しに来てください(笑)
ちなみにホリゾンタル・カッタウェイともに、ネクタイを締めていただいても問題ありません。これからの季節ならウールタイ、春夏ならニットタイなんかをお使いになると良いかと思います。
シャツ詳細はこちら>>

そしてこの襟元・・・
neck
せっかくのふんわりと柔らかい襟元が、なにやらパネルに潰されてしまってます・・・・。

おっと、この写真は!
次回をお楽しみに(笑)

Leave a Comment