オーダースーツ専門店 "SARTO"

四日目に・・・(続編)

一旦ホテルに戻ったあと、再び街の中心部に。ホテルから地下鉄の駅まで歩いてる最中にバラバラと雨が降り出しました。

小走りで地下鉄の入り口に飛び込み、目的地のポルタベネツィアまで。駅から出ると雨、止んでましたね(^^)
日本でもここ数年ゲリラ豪雨が発生してますが、まさにあんな感じです。

駅を出たところにある「ブエノスアイレス大通り」という若者向けのお店が立ち並ぶ通りを、お土産や小物などを物色しつつ北東へと。

地下鉄の駅で二駅ぶん、存分に満喫したあと、次のオシャレスポットまでさらに地下鉄に乗って移動。「ガリバルディ・コルソコモ地区」へと向かいます。

このあたりは、最近新しいお店が次々とできている地域だそうです。オシャレな雰囲気のカフェやレストランがたくさんありました。

そんな中、お目当てのお店がこちら!

120%Lino

当店で取り扱っております、『120% Lino』というブランドの路面店です。

「Lino」とはイタリア語でリネン(麻)のこと。ブランド名の示すとおり、また上品な店構えのとおり、上質な麻製品のみを取り扱うというこだわりのブランドです。

こちらの店舗も通りと同じく、まだ開店して間がないそうです。ブランド自体は結構古いんですが、これから波が来るかもしれません!(^^)

さて。
この後、この通りをずっと南下していくのですが、その途中に一軒のお店が。

色とりどりの原色の革小物を取り扱う、おしゃれな小物屋さんです。それも、日本で言う“一間”ほどの間口の、こじんまりとしたお店。

ただそこに置いてある商品はかわいらしいモノばかり。値段はそれなりですが、ビックリするほどの値段ではありません。
ボールペンなどの文具や、名刺入れに手帳など、バリエーションもなかなかのモノ。

こりゃえぇ店見つけたわ!とばかりに、いくつかのお土産を購入。今度から親しい人へのお土産はこの店の商品を買っとけば間違いないな、くらいに思っていたんです。
ところが・・・。

大阪に帰ってきてからグランフロントをぶらぶらしていると。・・・ありました同じ店が。

Campo Marzio Design(カンポ マルツィオ デザイン)というお店です。よかったら一度行ってみてください(笑)
logo
Campo Marzio Design ⇒

そこからさらにいろんなお店を物色しながら、随分と長い距離を歩きました。
脚も疲れてきましたし、ココは糖分を補給せねば!というコトでジェラッテリア(ジェラート屋)を探すのですが、なかなかありません。

そして諦めかけたところにようやく見つけたジェラッテリア。本能の赴くままに、ピスタチオとレモンを注文。

頼んだあとにふと「あれ?この組み合わせってマズくない・・・?」と不安がよぎりましたが、何とこれがめっちゃ美味しかったんです!

ピスタチオとレモンの組み合わせ。よかったら一度試してみてください(笑)

この日はかなりの距離を歩いた事もあり、また荷物を送る段取りもしないといけないので、少し早めに宿へと戻りました。

商品の買付けなどをガッツリとしたわけではありませんが、ミラノという街の雰囲気を味わい、ウインドウショッピングを楽しんだかのような、私自身が最も楽しめた一日だったかもしれません(^^)

Leave a Comment