オーダースーツ専門店 "SARTO"

卒業式と新社会人への Vol.3

この春から新社会人として世へ飛び出すお客様をご紹介していますこのシリーズ、3回目となります(^^)

phot_0401

今回登場していただくのはこちらのI様
めっちゃ笑ってくれております(^^)

卒業式と入社してからの勝負スーツとして使いたいというご要望で、生地選定からデザインまで、一緒になってあれこれと決めさせていただきました。某お堅い職種に就職ということで、あまり華美になりすぎず、それでいてしっかりとした青年であることがアピールできるようなスーツ、というイメージで!

若者向けの短い着丈のジャケットと、オーソドックスなデザイン&丈のパンツの組み合わせ。ずっとスポーツをされてきただけあって、細マッチョな上半身をされているので、そのあたりが上手くアピールできてると良いのですが。いかがでしょうか?(^^)

ちょうど電話が掛かってきたので、こんな感じのビジネスの最中風の写真を撮らせてもらったりも(笑)

phot_0402

ソファーに座ってもらい、何やらポチポチとしてるところも(^^)

phot_0403

この雰囲気、銀行のフレッシャーズとして対面すればきっと信頼してもらえそうな気がします。
私なんかよりよっぽどちゃんとしてると見てもらえるかもしれません(笑)

これはもちろん「スーツが」というわけではなく、ご本人の人柄からでしょう。
スーツはそれをほんの少しだけお手伝いできているやもしれませんが(^^)

今回お作りいただいたこちらのスーツ、生地はオーソドックスなネイビーにピンストライプのものを。無地も良いんですが、頼りがいとか頼もしさといった印象をより与えやすいのはやはりなんと言ってもストライプ!!!

さらに、あまり派手になりすぎずそれでいて上品な遊心を感じさせる裏地のチョイスも随分と気に入っていただけた模様。お仕事柄あまり派手なスーツは切れないと思いますが、こういったところに個性を発揮するのが良いですよね!( ̄  ̄)b

phot_0406

そしてこちらのネーム(刺繍)。「Stagno Bordo」、もちちろんイタリア語です(笑)

「Stagno」は。「Bordo」端(はし)という意味でして・・・。まあそういうことです(笑)

スーツの生地を選んで自分の好みのスーツを作ることももちろんですが、こうして裏地やネームにも自分のこだわりや遊び心を込められるのもオーダースーツの楽しみのうちの一つ。

ぜひそういった楽しみ方も当店で味わってもらえたらなぁと思います(^^)

phot_0404

今回のスーツは『Martin & sons(マーチンソン)フェア』をご利用いただいたもので、特別基本料金¥63000でお作りいただきました。
オプションとして「オプションボタン(特別ボタン)」と「チェンジポケット(右側腰ポケッチが2段)」とをお選びいただき、合計6万円台半ば(税込み)でお仕立させていただきました(裏地は追加料金なし)。

と、こんなお得な『Martin & sons(マーチンソン)フェア』、ただいま春夏物でも絶賛開催中です。

もしご興味ありましたら、下記リンクから詳細をご覧くださいm(_ _)m
『Martin & sons(マーチンソン)フェア』

phot_0405

スーツをお作りいただきましたI様、本当にありがとうございました。

これまでやってられたサッカーのように、これからの新しい社会人生活も、きっと内容と結果にこだわってしっかりと過ごしていってくれることだろうと思います。

なんと言っても、積み上げてきた努力もそれによって得た経験も、そんじょそこらの新人とはひと味もふた味も違うはずです。
そういったものをこれから存分に活かして、社会人として実力を発揮してもらいたいなと思います(^^)

もしまたスーツのことや服装マナーのことなどで相談などあればお気軽にいらしてください。

I様だけではなく、当店でスーツを作ってくださった方皆さんの活躍を本当に楽しみにしております(^^)

がんばってくださいね〜!( ̄  ̄)b

Leave a Comment