オーダースーツ専門店 “Peperoncino-SARTO"

スーツの分類(3)

さて今回で3回目となりますシリーズ「スーツのツボ」。

ここまでいろいろと説明をしてきましたがこれまでの所3つのオーダースーツの違い、中でも特に「パターンオーダー」と「イージーオーダー」の違いについてはあまり明らかにされていませんよね・・・。

 

 

いよいよ今回のお話からそのあたりのことがようやく詳らかになってまいります。お待たせしました!(笑)

オーダースーツの違いの中で最も顕著なものがこれからご説明いたします 「体型補正」 に関しての部分で、それに加えて、 「縫製」「デザイン・ディテール」「内容物・付属品」 といった要素が次なる違いが生じる部分ということになります。

 

それでは順に見ていこうかと思うのですが・・・。

それはそうと!

 

 

 

以前にご説明した通り、注文服(オーダースーツ)には 「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」 という3つの分類があるのですが、このこと、皆さんご存知だったでしょうか?

詳しい違いは分からないまでも、なんとなくは知ってはいたという方も中にはおられるのでは、とも。

 

 

 

ただ、ひょっとすると

「パターンオーダー」「イージーオーダー」 (パターンオーダーの方が高級)
というイメージをお持ちの方も中にはいらっしゃったのではないでしょうか?

 

それぞれを「パターンを使って(しっかりと)作られているスーツ」「イージーに作られているスーツ」という印象で比べると、パターンオーダーの方が何やらしっかりと作られているような気がする・・・。という認識を持たれることやむなし、という気もいたします(笑)

ですがこれだけはしっかりと覚えておいてください。

 

「パターンオーダー」より、「イージーオーダー」の方がしっかりと作られているんですよ!!!

 

かなり力が入りましたが、今回はその辺のお話を分かりやすくご説明したいと思います(笑)

 

 

それではまずは表5をご覧ください。

 

先程もお話した通り、今回の主題はこの 「体型補正」 に関してです。

 

この「体型補正」一体どういったことを行うのかというと、「個々の体型に応じて型紙に補正(修正)を加える」ということであります。

もう少し具体的に言いますと、「(主に後ろ姿に)シワが寄らないように仕上がりを調整する」ということになります。

後ろ姿のシワ・・・?
これまでにそんなことを気にされたことがありますでしょうか?

実はスーツのことをよくご存知の方であれば誰でも知っている、スーツスタイルにとって最も重要な部分と言っても過言ではないこの 「スーツのシワ」

ちなみに、なぜこれが重要視されるのかと言うと・・・、

 

単に「シワのない後ろ姿が最も見栄えが良い」からに他なりません!(シンプル)

 

 

ではこの「シワのあるスーツ」と「シワの無いスーツ」、これらがいかに見栄えが違うのかについてはまたあらためて、写真などをお見せしてご説明いたします。

 

 

「標準的な体型」を基にして作られている「原型」を用いたスーツがしっくりと身体に合うようであれば、極端な話「体型補正」が必要ない場合もありえます。

ですがやはり、各個人でそれぞれ違った姿勢や身体のクセがあることのほうが大半です。
そういった場合に、より細やかにそれぞれの方に合ったスーツを作ることが出来るというのがこの「体型補正」の役割です。

そしてこの「体型補正」の有無が「パターンオーダー」と「イージーオーダー」の一番の違いということになります。

 

 

そしてもちろんのように、 「フルオーダー」 であればこの「体型補正」に関しては“際限が無い”と表現しても良いほどの、ありとあらゆる手法・技法を用いて、ピタリと身体に合わせて作っていただくことが出来るというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、もし仮に 「良いスーツ」 というものをこういった スーツの構成面 から定義すると、

 

(見栄えの)良いスーツ = 個人の体型に合ったスーツ

(見栄えの)良いスーツ = シワのないスーツ

 

 

また、体型に応じた寸法で、姿勢や身体のクセに応じた作りの物の方が、当然着心地も良いものになるであろうことも容易に想像ができます。
よって、

(着心地の)良いスーツ = 個人の体型に合ったスーツ

(着心地の)良いスーツ = シワのないスーツ

 

とも言えるということになります。

 

 

 

 

そしてそれは 「フルオーダー」 であれば当然のように実現できるわけですが、そこから

 

より簡便な「パターン」を用いて近似的に体型にあった寸法を用い、簡易的な「体型補正」を施すことを可能としたシステムが開発されました。

すなわち、「イージーオーダー」とは「(フルオーダーに比べ)イージーなシステムで行うオーダー」というわけですね。

 

いかがでしょうか?

これで「イージーオーダー」という呼び名の意味がお分かりいただけたのではないでしょうか?

そして「パターンオーダー」と「イージーオーダー」とがどのように違うのかについても、これでよく分かっていただけたのではないかと思います。

 

それではここで、表を見ながらのおさらいです。

 

 

 

・ありとあらゆる寸法と体型に応じた調整を前提に作られるものが「フルオーダー」

 

・(バラツキはあるものの)大部分の寸法調整が可能で、体型補正を加えることが出来るものが「イージーオーダー」

 

・主要部位のみの寸法調整が可能で、体型補正は出来ないものが「パターンオーダー」

 

というふうに理解してもらえると分かりやすいかと思います。

 

以上、体型補正に関するそれぞれのスーツの違いについてのご説明でした。

こういった知識が、皆様の今後のスーツ選びの参考となれば幸いです。

 

 

 

 

それでは次回は、 「縫製」「デザイン・ディテール」「内容物・付属品」 について順にご説明して参ります。

乞うご期待!