オーダースーツ専門店 "SARTO"

オシャレのツボについて考える(補色・ 対照色相)

さてそれでは、さっそく前回の続きを。

 

同一系統のワントーンのみの組み合わせは、無難でありながらもやはり少し面白みに欠けるというのが前回までのお話。

ではどうするか。そこで「補色」・「対照色相」の出番です!(笑)

 

まずは再び色相環に登場してもらいましょう。

(クリッックで画像拡大)
PCCS

●補色
色相環のちょうど向かい合わせの色。お互いの色を際立たせる効果を持つ。

●対照色相
補色の両隣の色。

例えば「黄色」だと、補色が「青紫」、対照色相が「青」と「紫」ということになります。
“補色”はこれまでに聞いたことがありましたが、“対照色相”なんて今回調べて初めて知りました(笑)

 

個人的な感想としては、「補色」では対比が強すぎるので、そこから少しずらした「対照色相」がなんとなく馴染むのではないかと思っています。ですのでこの「対照色相」、そういった意味でなかなか重要な色の組み合わせかもしれません。さらにはそもそもが、赤ー緑・青ー黄色などが“対照色相”の関係にあります。
それになんと言ってもこのあたりは、“自然界に存在する美しいもの”に多く見られる組み合わせですしね(ただし正確には、この組み合わせも“色相環”によって少し違いがあります)。

さてそれでは、前回の青単色(モノトーンとかワントーンとか言います)のコーディネートに、その対照色相を加えてみましょう。

まずは前回のワントーンコーディネート。
blue

そこに対照色相である“赤みの橙”を加えてみましょう。
blue-orenge

お次は黄色(ベージュ)を。
blue-beige

 

どうでしょう?
こちらの方が、“華やか”とまでは言いませんが、やはり何やらしっくり来ると思うのですが、いかがですか?
色相環、なかなかアナドれません!(笑)

 

 

ちなみに“赤みの橙”・“黄色”の二つともを取り入れると・・・
blue-orenge-beige

悪くはないですが、何やら落ち着かないというか、バランスが悪いというか。少しヤリ過ぎといったところでしょうか。
このあたりの話はまた後ほど。(笑)

 

 

それでは次回、以上をふまえた上で当店自慢の組み合わせをご覧いただきましょう!

1 Comment

  1. […] CATEGORY : ツボについて考える さて今回の「ツボを考える」、前回までの色の組み合わせから一歩踏み込みまして、『色を拾う・差し色』といったテクニックをご紹介しましょう。 ただその前に、基本となる“色数”について少し。 (クリッックで画像拡大) 前回までの記事で、どうやら“対照色相”の組み合わせがコーディネートには有効だと。またワントーン(同じような色のみの組み合わせ)も悪くないと。 それでははたして、3つ以上の組み合わせはいかがかと。 結論から先に言うと、あまりオススメしません。あくまで『3色の分量が同じくらいになるような』という意味ですが。 例えば赤・黄色・緑という3色が均一に配分されているようなコーディネートをしたとします。おそらく何やらカリブ海かアフリカンの香りがします(笑) 決してそれが悪い訳ではありません。そういった雰囲気を纏いたいのであれば抜群のコーディネートです。ただそんなシチュエーションはマレかな?という気はします(笑) またこれは先の3色に限らず、例えばオシャレの国フランスの青・白・赤、イタリアの緑・白・赤。こんな3色であっても、やはりその分量が3等分だとすると、落ち着きのないイメージを醸し出してしまいます。 例えば次の写真を見比べてください。 これは以前にも登場してもらった3つのコーディネートです。 上の写真も悪くはないと思いますが、下の2つに比べると、何やら落ち着かないように感じられないでしょうか?“しっくりこない”という言い方がとても近いかもしれません。 これらは上衣・パンツだけの例ですがですが、例えばブルーワントーンのコーディネートに茶色やベージュの靴を合わせれば、きっとオシャレになることでしょう。 そうなると次は靴下は・・・、そうそう帽子も・・・、あれ?手袋は・・・、と悩みは尽きないわけですが(笑) (ブーツは私物です。きっとベージュのフルグローブとか、もっと似合いそうです。) まっ何がいいたいかというと、要するに色数はできるだけ抑えましょうと。近い色味は同じと考えて、できれば2色、無彩色(白・黒・グレー)を加えても3色程度に抑える方がスマートなコーディネートになることだと思います。もちろんそれぞれの分量にもよりますが、「メインの色+2色」というくらいのバランスかといいのでは、と思われます。 ようは、「色数を増やせば増やすほど、オシャレ力が試される」といったところでしょうか・・・。 さてそこで活用できるのが、『色を拾う』・『差し色』というテクニックです! これらは“色数を抑える”という考え方をを前提にしたモノです。 それでは以下、次回に(笑) […]

Leave a Comment