オーダースーツ専門店 "SARTO"

そのスーツ、お似合いですね!

先日仕上がりましたお客様のオーダースーツ。こちらです(^^)

スーツ

明るいところでもう一枚。こちら「Ermenegildo Zegna」のシルク混の生地となります。

スーツ2

それでは早速、納品させていただいた時の様子を。

全身像

今回ご注文いただきましたこちらのFさんのスーツ。オシャレ着としてのオーダーです。

ご要望としては、「かなりタイトに攻めたウエスト」「かなり短めに攻めた着丈」「某英国紳士諜報員を彷彿とさせるスタイル」とのことでした。

いかがでしょうか?(^^)

決めポーズ

ポイントとしては、右サイドポケットに追加されたもう一つのポケット。これは「チェンジポケット」と言う英国由来のデザインで、今回は英国風のご要望でしたので取り入れてみました。

短い着丈の良いアクセントとして独特の印象を醸し出しています。いい感じです(^^)

そしてこちらのポーズ!

光線

イヤミ君とお揃えのシュワッチです。
正確には、イヤミ君のスペシウム光線に対して、こちらはウルトラセブンのワイドショットとなります(^^)

さらにはこちら!

いえぃ

ノリノリです(笑)
Fさん、ありがとうございます!(^^)

と、あまりのスーツのデキの良さにテンションも上がり、大層喜んでいただきました。ちなみに広げた脚の間に写り込む店主も見逃せません(笑)

きちんとした写真もアゲておきましょう。

シック

今回ご紹介させていただいたスーツは、いわゆる「お固いビジネス用」ではありませんが、これにドレスシャツとネクタイを合わせれば、ビジネスにも十分お使いいただけます。最近は着丈の短いスーツも皆さん着てらっしゃいますからね。

今回のスーツは、着丈以外のデザインは非常にクラシックで「やり過ぎ」ではないトコロがミソですね(^^)

また、ご覧のようにかなりタイトなデザインですが、それはあくまでウエストに限っての話。Fさん曰く、「胸や肩の窮屈さは全然ないです!パンツの股上もイメージ通りで、ベルト選ぶのが楽しみです!」とのこと。
キチンと採寸したオーダースーツだからこそ、「シルエットと着心地」が両立するんです!

デザイン的な部分も着心地に関しても、大変ご満足いただけたようでした。こうして喜んでいただけるのが、マジで嬉しいのです!!(^^)

また、仕上がりをお待ちいただいたこの4週間。それすらも楽しみな時間でしたと言っていただけました。

当店としては、もう少し納期の短縮を図りたいところではあるんですが・・・(苦笑)

アレコレと考え抜いて選んだモノが出来上がってくるまでの楽しみ。これはなかなか贅沢な時間だと思います。

そしてこのスーツで、ビシッと夜の祇園に繰り出してください!!(^^)

まだスーツをオーダーしたことがないというあなた、ぜひPeperoncinoで作ってみませんか?

オーダースーツに関して、詳しくはこちらをご覧下さい。
オーダースーツについて >>

これまでと、一味違った一着をぜひ。

あなたの人生にスパイスを。
Peperoncino

ーーーおまけーーー

メンコイねぇ〜

納品のときに一緒にきてくれたFさんの姪っ子さん。メンコイです(^^)
最初は名前聞いても「プイッ」と横向かれてしまったんですが、最後はバイバイってしてくれました!2才だそうです(^^)

Leave a Comment