オーダースーツ専門店 "SARTO"

お詫びとお願い

本日。

お客様より、以前にご購入いただいたコートのことでご連絡をいただきました。
肩の部分の糸がほつれていたので引っ張ったところ、みるみる内に分かれていってしまったとのこと。

実物をお持ちいただいて見せていただいたところ、前身頃と後身頃が肩の部分でパックリと口を開けてしまっていました。

おそらくは縫製の処理が不十分だったため、縫い合わせ部分がほどけてしまったのだと思います。

この件に関しては、キチンとこちらで修繕したうえでお返しさせていただくことになっています。お客様にご迷惑と不快な思いをさせてしまったこと、深くお詫び申し上げます。

このようなことは本来あってはならないことなのですが、今回このような事例が発生してしまいました。
当店において検品などもしてはいるのですが、今後同じようなことが起こらないとも限りません。

万が一当店でご購入いただいた商品で何らかの不具合が生じた際には、出来る限りの修繕や改良など、必要な対策を取らせていただきます(有償・無償の別は、その状態・状況を鑑みて個別に判断させていただきます)。

どのような不具合であれ、まずはご一報いただければと思います。

また不具合に限らず、如何ようなるご相談も承りますので、ご遠慮なくご相談ください。

今回の件では、お客様にご迷惑をお掛けすることになってしまいましたが、今後とも何卒Peperoncinoをよろしくお願いいたします。

Leave a Comment