オーダースーツ専門店 "SARTO"

おしゃれのツボについて考える(上着のサイズ)

前回に続きまして今回は、「自分に合ったサイズの服を選ぶ」ために押さえておきたい大切なコトを、順に挙げていきたいと思います。

今回は少し長くなってしまいましたね・・・(苦笑)。

ではまずは上着から。

最初のポイントは、なんといっても「肩幅」。特にジャケットやコート、シャツに関しては、これだけが唯一と云ってもいいくらい重要です。他の多少のことには目をつぶってでも、肩幅の合ったモノをお選びになることをお勧めします。出ているお腹はダイエットで引っ込めましょう!(笑)

ポイントは、ご自分の肩の終わりと、上着の肩の終わり(袖口の付け根)が一致していること、それだけです。
T-シャツやカットソーならそれほど気にしなくても大丈夫ですが、それでも何枚か重ね着すると必ず気になります。要するに着心地が悪くてイラっとしてしまうかもです(笑)。

よく服を肩(背中側)にあててサイズを見ますよね。まぁあれです(笑)。
ただしそれではホントに肩幅しか分かりませんので、以下のポイントを確認するためにも、ぜひとも試着をしていただきたいところです。

次に気になるところといえば「身幅(身頃幅)」です。
ボタンが留まるのは最低限ですが・・・(笑)。あまりにも太すぎ・細すぎさえ避ければ、これはあまり問題ないでしょう。

好みやスタイルによって、敢えて細身を選択するという場合もあります。イタリアにはボタンを留めた時に出る“引き皺”を好む人が多いそうです。「俺は自分に合った、ぴったりのサイズの服を着てるぞ!」という自己主張ではないかと思われます(笑)

(クリッックで画像拡大)
crease
留めてあるボタンを中心に、「X」状に皺が(かすかに)見えると思います。これが「引き皺」です。

逆にシャツやスーツ・ジャケットで、オーバーサイズの物がプラスに作用するということはほとんど聞きません。えてして太っている人はより太く、小さな人はより小さく見えてしまうことが多いので、「ゆったりした服」がお好きな方はその辺りを意識した上で選ばれることをオススメ致します。

逆に、T-シャツ・カットソーやニットなどに関しては、あまりピッチリとしているよりは“ゆったり”のほうが見栄えが良いことのほうが多いと思います。

いずれにせよ、既製服の場合はそのデザインに大きく左右される訳ですが・・・。特に肩幅と身頃幅のどちらを優先するのか。これはおそらくは永遠のテーマです(笑)

ジャケットであれば、“ウエスト部分がどれだけ絞られているか”という部分にも注目したいところです。この“ウエストの絞り”が、印象を大きく左右しますからね。

では次に「袖丈」。
シャツの場合は既成服では融通するのは難しいですが、カジュアルで着る分には少しのたるみや皺はむしろアクセントになります。ただ、さすがに短かすぎるのは・・・(苦笑)
もちろん長すぎる袖は、できることならお直しする方が望ましいですね。

上着で袖丈が合っていないのはかなり不細工なので、できるだけ直す方がいいと思います。スーツならシャツ袖が少し(1~1.5cm)見える程度、ジャケットなら見えないように、というのが基本です。コートなら多少長いくらいは許容範囲でしょう。
ニットやカットソー・ブルゾンなら、どうとでもなりますね(笑)。

最後に「着丈」。
これは、短ければ短いほど「若々しさ」として表れます。颯爽としたイメージでしょうか。ですので若い印象を身にまといたい時には、少し短めを選ぶと良いかもしれません。
ただこれは「落ち着き」といった印象とトレードオフの関係にあるので、ある程度以上の年齢の方は一つ間違うと、“軽薄”・“変に若作り”といった印象にも・・・。いわゆる“モード”感の強いブランドの製品には注意が必要かもしれませんね。

逆に丈が長過ぎると、カジュアルなパンツ(例えばデニムなど)とあわせたりするには向かないことが多いので、どういった組み合わせで着るのかというようなことと合わせて、着丈を選ばれるのがいいかと思います。

ジャケットなら、基本としてはお尻がある程度きちんと隠れる長さ。そこから若干の長短で印象をコントロールできると思います。

back-shot
こちらは当店のお客様の写真です。どうしても後ろ姿だけとおっしゃられたので、鏡越しでの撮影です(苦笑)。
ジャケットの丈が少し短目なのですが、それがスゴく若々しさとして現れていると思うのですが、いかがでしょうか?スリムに保たれている体型が非常によく映えていると思います。

こういった着丈の長さも、色・生地・柄とともに服選びの際に悩んで頂きたいポイントです。
ちなみにこれも極端に短いモノは、特定のご趣味の方に・・・(苦笑)

シャツでは、あまり短いモノはパンツに入れた時に落ち着きません(笑)。常に出して着るというシャツなら別に構いませんが、それでもあまりに短いモノはカジュアル過ぎるというか、若く(だらしなく)見えます。若い人向きのお店のシャツは注意が必要です。
というか、試着が必須です!(笑)

上着に関してはこのくらいでしょうか。特に既製服に関してはこれ以上多くは望めません。しかしながら、各ブランド間の違いはかなり大きくあったりするので、どちらの製品を買おうかと迷われた際には、このようなサイズやシルエットの違いにも注目してみると、購入の決め手となる意外な発見があるかもしれません。

もしも“少しだけこだわってみたい!”というコトであれば、「お直し」されることをオススメします。お直しすることで、「より自分に合ったモノにする」という楽しみも感じていただけることかと思います。
ぜひ一度チャレンジなさってみてください。

では次回はパンツ(スラックス)についてご案内いたしましょう!

Leave a Comment